デザインカラーとアディクシーの相性

 
悲報画像データが飛んでしまって過去の画像は表示されなくなったンゴ・・・。ワイのスタイル画像とかはインスタで見てクレメンス。 @manabe_rtarou
     

日々粛々とブラウンまでもかき消すヘアカラー アディクシーに慎んでいます。

真鍋です。
アディクシーまとめ記事はこちらから
 

【アディクシー】保存版!!ミルボン オルディーブ アディクシー記事まとめ
日々粛々とブラウンまでもかき消すヘアカラー アディクシーに慎んでいます。アディクシーのまわし者 やたらアディクシー 陰湿の継続真鍋です。毎日・毎日息をするようにツイッターをするのをやめて。。。毎日・毎日息をするようにアディクシー記事発射してたら。。。...

世の中は、夏になれば明るくし冬になれば暗くする。

そんな流れに乗っかることかできない真鍋です。

ワイ
アッシュや!アディクシーや!ハイライトや!

ホイルワークというやつが最近は多いです。


こういうやつですね。

ということでウォーレントリコミでは

デザインカラー

ハーフヘッド

フルヘッド

オンブレ

バレイヤージュ

というカラー技法のメニューがあります。

今回はデザインカラー。

ホイルワーク10枚入れるメニューです。基本的に効果的な髪の表面やまとめることが多い方はまとめだ時に目立つようにします。

僕は基本的に

ホイルワーク→シャンプー→カラー

とすることが基本多いです。今回もそんな感じです。


アッシュがいいというご要望と元々入っていたウィービングに合わせて細めのウィービングとスライシングを。そこからアディクシーを被せます。


32mmのコテで毛先内巻き、表面を中間からリバース、フォワードに巻き巻き。

最近はブログでも書いていますが、

ブラウンをよく混ぜます。


ハイライトには色が入りすぎほかの部分にも影響しない。

なんや、この万能さよ。

是非、デザインカラーにアディクシーを!!

カラーのご相談、ご予約、煽り、苦情は公式LINE@まで
友だち追加

ノシ

所属店舗情報はこちら

http://warrentricomi.jp/access/herbisent

この記事の著者

真鍋遼太郎

名前:真鍋遼太郎 職業:美容師 東京で美容師を始め13年、活躍後拠点を大阪へ。カラーリング知識・ヘアケア知識を駆使しブログ・各種SNSを使いこなす。リアルは意外と普通とWEBを見てきてくださる方には言われるネット弁慶。
現在はミルボン オルディーブ アディクシーを軸にブログを配信

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る