【アディクシー】寒色(アッシュ)だけじゃない、クリエイティブなレッドもオススメ

 
悲報画像データが飛んでしまって過去の画像は表示されなくなったンゴ・・・。ワイのスタイル画像とかはインスタで見てクレメンス。 @manabe_rtarou
     

日々粛々とブラウンまでもかき消すヘアカラー アディクシーに慎んでいます。

真鍋です。

アディクシー

というとどうしても寒色(アッシュ)のイメージがかなり強いです。

唯一、暖色。

というか


そう、レッド

そのまんまです。

では、カウンセリングと毛髪診断

  • 赤系が好き。バイオレットとかじゃなく赤。
  • 毎回赤を頼むが明るくならない。なんか暗い。

兎に角、にしたいのでアデクシー レッドを使いました。


来店時、二カ月は染めてない。

いつも通り、炭酸泉で洗ってからアディクシー。


ワイ
よし。赤い。

クリエイティブラインもなかなか面白い使い方ができます。僕自身も毎回ブルーで染めています。
[twentytwenty]

[/twentytwenty]

アディクシー クリエイティブラインでデザインカラーもオススメです。

カラーのご相談、ご予約、真鍋への苦情はこちら
友だち追加

ノシ

真鍋遼太郎のご予約はこちらから24時間受付中です。

真鍋遼太郎WEB予約
真鍋遼太郎のご予約は下記 より受付可能です。ご予約の際、連絡事項の欄にご希望のメニューをご入力ください。カット最終受付20:00となっています。カラーのみが19:30。カットカラーが19:00となっています。 ⚪︎ ご予約可能。× ご予約埋まっています。お電話に...

真鍋遼太郎へのご予約ご相談は公式LINE@でもお受け致します。

下記リンクをクリックするか、LINE、LINE@から“@xvw4926r”をID(@マーク含む)で検索して友だちに追加してください。

この記事の著者

真鍋遼太郎

名前:真鍋遼太郎 職業:美容師 東京で美容師を始め13年、活躍後拠点を大阪へ。カラーリング知識・ヘアケア知識を駆使しブログ・各種SNSを使いこなす。リアルは意外と普通とWEBを見てきてくださる方には言われるネット弁慶。
現在はミルボン オルディーブ アディクシーを軸にブログを配信

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る