【アディクシー】黄、赤両方いらないという方へのヘアカラーレシピ

 
悲報画像データが飛んでしまって過去の画像は表示されなくなったンゴ・・・。ワイのスタイル画像とかはインスタで見てクレメンス。 @manabe_rtarou
     

どうも。過去記事の写真が消え去り、生きているのが辛い日々を送っています。

真鍋です。


ここ最近、よくお願いされるカラー。

赤、黄両方いらないカラー。

彡(゚)(゚)何色や…!

彡(゚)(゚) ん?無彩色?

そう、よく目にする、グレージュというオーダーをよく受ける。グレイアッシュとかも言われる。

結局、どんな色やねん。と思いますが人によりけりです。

まず、カラーのイメージ画像を用意しましょう。

これで、イメージは伝わります。

現状の状態から一回のカラーでいけるか?

これは大事です。一旦明るくしなければならないとなると時間、お金、ダメージと付属されます。

ここは必ず確認しましょう。

こちらは、暗めのグレージュというオーダー。ブリーチはしていませんがかなり明るく退色していました。

根元は一か月も経ってなく退色が一番気になる状態。

カラーレシピ

アディクシーサファイア5+アディクシーアメジスト5 3:1 オキシ4.5パー

以上。

ベースの髪がオレンジ強かったらブルー足しますが黄が強かったのでこのまま。グレーよりベージュよりなら1:1。さらに濃くするならブラウンを足す。もっとアッシュよりなら5:1ですがマットよりになる。

こちらはアディクシーサファイア9+アディクシーアメジスト9 3:1

彡(゚)(゚) やべっ。最近アメジストとサファイアしか使ってないンゴ…。

まあ、無難にすませたいならシルバーですがやはり

アディクシーはサファイアを使いたい。

カラーレシピってのは真似したからってまんまその通りにはならない。

そこから自分のレシピにしていのが大事なんですよ。

とりあえず、パクリましょう。

こんな便利なサイトもありますし!

ノシ

髪のご予約、ご相談、その他煽りはこちらから

この記事の著者

真鍋遼太郎

名前:真鍋遼太郎 職業:美容師 東京で美容師を始め13年、活躍後拠点を大阪へ。カラーリング知識・ヘアケア知識を駆使しブログ・各種SNSを使いこなす。リアルは意外と普通とWEBを見てきてくださる方には言われるネット弁慶。
現在はミルボン オルディーブ アディクシーを軸にブログを配信

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る