黒染め(暗染め)した髪を明るくしたいと言われたんだが。。。

 
悲報画像データが飛んでしまって過去の画像は表示されなくなったンゴ・・・。ワイのスタイル画像とかはインスタで見てクレメンス。 @manabe_rtarou
     

寒さには強いです。九州生まれの九州育ち。

心は所沢。

真鍋です。

僕は大阪に来る前に東京で働いていました。色んなとこで働きましたが最後は原宿で働いていました。

お客様の層がめちゃくちゃ若く元々僕がやっていた方以外の『初めまして』の方はほぼ20代前半の方でした。原宿も竹下通りの近くだと若者ばかり。

そして8割…いや9割がカラーのお客様でしたね。。。

そんな中、ブリーチ、ダブルカラー、原色カラー、グラデーション…今の環境だと考えられないくらい

特殊なカラーをしてました。

そんな中、多かったのが

黒染めしたんですが明るくできますか?

ワイ
嫌だ、やりたくないンゴ

と心では思ってましたが…。

今回は一週間も経ってない黒染めを自然な明る過ぎず暗過ぎず。という注文。

黒染め落としに大切なことというかワイが気をつけていること


  • いつ、染めたか?
  • 暗くする前まではどんな明るさだったか?
  • 現在のダメージ状態
  • 一気に明るくするのはすすめない。

こんなもんかな。あとはニュアンスと経験値。

というかなり雑なものです。

今回は脱染剤を使います。

文字の如く、

染料を抜くというもので暗い染料を落とします。


写真わかりづらいんですが結構暗いんです。そこにミルボンから新しく発売されたテイントクリアを。

そして色落としたら

赤味があるのでアディクシーのサファイアを…。

アディクシーの何がいいって時間が早い。

すぐ染まる。


うむ。なかなか。徐々に明るくなるのを想定して少し色を濃く。。。
アディクシーの良さは色の濃さもです。
暗くなり過ぎた、もう少し明るくしたかった。。。実際は自然に色落ちしていくのを待つのがダメージ的には良いです。

ただ、やはり髪で悩んでる方のストレスをなくしてあげれれば最高です。

今回はダメージを少しでも防ぐためオージュアを中間と後処理で使いました。

良いものを信じて使う。これが僕は

一番の理想の髪に近づく術だと思います。

では皆様。よきカラーライフを。

ノシ

真鍋遼太郎のご予約はこちらから24時間受付中です。

真鍋遼太郎公式メディア
アディクシージャーナル・ハイライト・バレイヤージュ

真鍋遼太郎へのご予約ご相談は公式LINE@でもお受け致します。

下記リンクをクリックするか、LINE、LINE@から“@xvw4926r”をID(@マーク含む)で検索して友だちに追加してください。

新たな季節の前に、
三月。是非お待ちしてます!

三月に髪やりましょう!

この記事の著者

真鍋遼太郎

名前:真鍋遼太郎 職業:美容師 東京で美容師を始め13年、活躍後拠点を大阪へ。カラーリング知識・ヘアケア知識を駆使しブログ・各種SNSを使いこなす。リアルは意外と普通とWEBを見てきてくださる方には言われるネット弁慶。
現在はミルボン オルディーブ アディクシーを軸にブログを配信

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る