よくもわるくもSNSやwebが当たり前の世代とのやりとり

 
悲報画像データが飛んでしまって過去の画像は表示されなくなったンゴ・・・。ワイのスタイル画像とかはインスタで見てクレメンス。 @manabe_rtarou
     

SNSをやっていてたまにあるんですが全く知らん人からDMやメッセージが送られてきたりすることがある。
僕はツイッターやフェイスブックはメッセージ送り放題にしてる。そんなにくることはないがたまにくるからだ。先日、とあるSNSでメッセージがきた。

内容はとある方の発信への意見。

僕はこれを見て、

ワイ
いや。ワイにそれを言われても…

これ。本人に直接言えや!!なんでワイに言うてくるんや!!

ちなみに両方とも

会ったことない。しなんなら匿名だから知らんwww

僕にメッセージをくれた方はプロフィールや投稿を見る限り、

若い方。

10代後半かな。意見を求められた投稿の方はまあ…とあるSNSやってる美容師さんなら知ってる匿名アカウント。

気軽に使える、交流がもてることがいいときもあれば悪いときもある。

そして誰かの発信や投稿に対しての意見は千差万別だ。

まあ僕の中ではよくあることなんだが…
特に何も意味がない投稿に対してのマジレスを食らうということ。

それが公開の場合、LINEやメッセージなどの閉鎖された中の場合、これは本当にマジレスなのか。ネタなのか。相手が交流持ってる方ならだいたいわかるが。

知らない方の場合…?

えっなんやねんってなる場合もある。

じゃあこの場合知らない方が見ても大丈夫な内容の投稿を心がけるべきか?

それは楽しいか?みんな同じでつまらなくないのか?

どこまでの範囲で発信、投稿するか。どっちがいいか悪いかとかもわからない。ただ、この先もっとSNSやwebでのやりとりや完結が多くなるのはわかっているしそうなっていくのだろう。

僕は携帯電話を初めて持ったのが高校一年生。

今から17年前か。。。その時、iモードだしカラーだった。まだカメラはついてなかったが。。。

その時代からものすごい勢いで変わっていったし良くも悪くも当たり前になってきた。

とある方に

真鍋くんは一回iPhoneを叩き壊した方がいいと言われたことがある。

でも貴方のことを知ったのもつながりが持てたのもiPhoneです。

って今なら言うかな。

SNSやwebが全てではないが一つの手段。


僕はほんとに側から見ると

とんだクズ野郎だ。

第三者への見え方、伝わり方。大事だしこの先受け捉え方も変わっていくのだろう。

ちょうど2年前の今頃の記事

心に愛がなければ
どうも。真鍋です。翼も折れ、牙も抜かれ、爪も削られています。インターネットには心がない。そんな台詞を食らわせられました。チューハイ吹き出す勢いです。僕は遡ると、前略プロフィール、魔法のiらんど、ライブドアブログ、エキサイトブログ、プチ、アメブロ、FC...

なんかこの頃に比べたら成長したのかな。

まあ。頑張りますわ。

ノシ

真鍋遼太郎のご予約はこちらから24時間受付中です。

真鍋遼太郎公式メディア
アディクシージャーナル・ハイライト・バレイヤージュ

真鍋遼太郎の所属、美容室はこちら。

WARREN・TRICOMI NEW YORK

ウォーレントリコミニューヨークハービスエント大阪梅田

TEL 06-6451-9015

お電話でのご予約は『ブログ、もしくは各種SNSを見たとお伝えください』

WARREN・TRICOMI ウォーレン・トリコミ
NYトップサロン ウォーレン・トリコミ 明治神宮前・表参道原宿店。ニューヨークの高級ホテル プラザホテル 内にフラグシップ店を持ち、マンハッタン内に3店舗、ニューヨーク郊外に3店舗、ロサンゼルスとマイアミに1店舗ずつ美容室を運営。

真鍋遼太郎へのご予約ご相談は公式LINE@でもお受け致します。

下記リンクをクリックするか、LINE、LINE@から“@xvw4926r”をID(@マーク含む)で検索して友だちに追加してください。

この記事の著者

真鍋遼太郎

名前:真鍋遼太郎 職業:美容師 東京で美容師を始め13年、活躍後拠点を大阪へ。カラーリング知識・ヘアケア知識を駆使しブログ・各種SNSを使いこなす。リアルは意外と普通とWEBを見てきてくださる方には言われるネット弁慶。
現在はミルボン オルディーブ アディクシーを軸にブログを配信

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る