【インタビュー記事】『これからの美容師へ…』

 
悲報画像データが飛んでしまって過去の画像は表示されなくなったンゴ・・・。ワイのスタイル画像とかはインスタで見てクレメンス。 @manabe_rtarou
     

本日は豊橋のアシュリヘアリゾート彦根のヘアスペースアウラに続き真鍋遼太郎さんにお話を伺って。

真鍋さんは、ネットのクズと言われツイッターは稀に見る酷さ。

しかしそこで、今の奥様の優美さんを口説き結婚。そんなアンチいっぱいの真鍋遼太郎さんにこれからの美容師についてお話を聞いてみました。

東京、そこに行けば輝けると思った18歳の自分

ーーそれではお話を聞かせて頂きましょう!えぇー眞鍋さんはどうして美容師を目指したんですか?

真鍋遼太郎(以下、真):いやいやいや。真鍋な。眞鍋じゃなくて(笑)そこ結構うるさいよ(笑)僕は!

ーーあっ。これは失礼しました…。改めてさっきの質問なんですが…

:ああー。なんで美容師になったか?まあ流行ってたとかもあるけど俺、洋服好きでさ。大分のど田舎で育っていつもスマートとか?メンノン見てたんですよね。そんで好きな洋服着て仕事したいから美容師。ん。そんだけかな(笑)今じゃ当時より10キロ太って好きな洋服着れないけどね(爆笑)

ーーはは。。。(苦笑)ありがとうございます(笑)東京の美容学校に進学されたそうですが…

真:そうそう!おら!東京さいぐだ!みたいな(笑)まあ、大分弁だとおらぁ東京いくけん!かな(笑)なんで東京か?やっぱり東京の空気を吸えばオシャレな美容師になれる気がして(笑)当時の僕に言いたいですね!

鏡見ろよお前(笑)って

ーー東京ってやはり真鍋さん的には憧れだったということでしょうか?

真:うーんそうねー。やっぱり憧れてたんだと思いますね。今はさ、インターネットあるから色んな情報をがすぐ入るしコミュニケーションもSNSとかの時代じゃん?でもさ。僕は思うんですね。

憧れは理解から最も遠い感情だよ。

だから憧れてはいけないと思うんすよ(笑)たまにフェイスブックとかツイッターで僕のブログで勉強させてもらってます!とかファンです!とかメッセージくるんですよ〜。だいたいこの言葉送るとブロックされてますね(笑)

 

「トチモト好きやで〜」から結婚へ

ーー真鍋さんの奥様、優美さん(旧姓、栃本)とは今後のビジョンとかあるんでしょうか?

真:えっ?それ?今?聞いちゃう(笑)めっちゃ場違いじゃない?(笑)まあねー。あっちがなんて思ってるかはわからないけどね〜。まあ、なるようになるんじゃん?あっちはあっちで頑張ってるみたいよ。仕事の話になるとすぐ泣くから(笑)

ーーはははっ…。やはり真鍋さんは仕事のことになると実はすごく暑くて真面目と多方面から伺っていますがそこのとこを聞いてもよろしいかなあーっと思いまして…

真:あっ。ちょっとオープンなインターネット上ではそういうの僕やってないってマネ言ってなかった?そこは僕のブランディングをマイナスにしちゃうとこだよ?今後、御社とは仕事なくなってもいいなら…!

ーーいやいやいや!失礼しました!!(汗)では最後に、『これからの美容師へ…』お願いできますか?

真:まあ、僕から言わせるとほんと野球だよね。野球。それも日本のプロ野球!NPBね。ツイッターのTLとかさ。国際試合とかだけドャァって呟いてる人見るとちょっと笑っちゃうかな(笑)まあ発言の自由だししょーがないかな。まあ僕は精神論とかよりもデータ至上主義の野球好き!そこんとこよろしくね(笑)

ーーありがとうございました!眞鍋さんの今後の迷走や暴走に目が離せませんね!次回の『これからの美容師へ…』お楽しみに!

真:おい!真鍋な!

真鍋遼太郎 プロフィール

(まなべりょうたろう):1984年10月15日生まれ。大分県出身。西武ライオンズをブランディングに掲げるが自撮り棒、売り上げ1000万、無職などなどのブランディングを成功させる。好きなビール売り子は貫井奈美子氏。彼女のファンとしては2ちゃんねるでも叩かれ本人は大いに喜んでいる。2016年の新たな動向に各方面が注目している。

Twitter

Instagram

この記事の著者

真鍋遼太郎

名前:真鍋遼太郎 職業:美容師 東京で美容師を始め13年、活躍後拠点を大阪へ。カラーリング知識・ヘアケア知識を駆使しブログ・各種SNSを使いこなす。リアルは意外と普通とWEBを見てきてくださる方には言われるネット弁慶。
現在はミルボン オルディーブ アディクシーを軸にブログを配信

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る